2021.09.29

「まちの記憶」看板好評 陸前高田に計7カ所、周遊促進

「まちの記憶」看板の2次元コードを読み込む子どもたち
「まちの記憶」看板の2次元コードを読み込む子どもたち

 東日本大震災後にかさ上げした陸前高田市高田町の中心市街地7カ所に建てられた、2次元コード付きの観光案内看板が話題を集めている。

 読み込むと、その場所の震災前の写真や情報が載ったウェブページに移動する仕組み。観光客が震災について知る手助けとなるとともに、地元住民のまち歩きも促進して中心部の活性化につなげる。

 「まちの記憶」と名付けられた看板は同市のまちづくり会社陸前高田ほんまる(磐井正篤社長)が市の補助金を活用し、3月末に公園や商業施設のそばなどに設置した。

◇      ◇

 記事全文は、9月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞