高田一中(熊谷広克校長、生徒212人)の3年生63人と保護者は26日、陸前高田市の高田松原で生育中の松林の草刈りボランティアを行い、親子の交流を深めた。

 約130人が参加。同市のNPO法人高田松原を守る会(鈴木善久理事長)の指導で、5月に植樹したマツ2247本の根元付近の雑草を刈り取った。