盛岡市館向町のばばあきらさん(81)が講師を務める絵手紙教室合同作品展は29日まで、同市中ノ橋通のプラザおでってで開かれ、春夏秋冬を感じさせる約800点が来場者を楽しませている。

 県内9教室の会員ら120人が出品。「ふるさとの四季」をテーマに草木や花々、動物などを水彩絵の具の淡い色使いで表現する。「酒も飲めなくなり ちょっと寂しい お花見かな」など世相を表す言葉を添えた作品も。

 開催は午前9時半~午後4時半(最終日は午後4時まで)。入場無料。