2021.09.27

猫守る部屋、私たちの手で 「シェアねこ賃貸」で盛岡一高生

シェア猫賃貸のDIYに励む(右から時計回りに)田口優花さん、大橋夢華さん、沢崎ゆずかさん、小林優香さん
シェア猫賃貸のDIYに励む(右から時計回りに)田口優花さん、大橋夢華さん、沢崎ゆずかさん、小林優香さん

 盛岡一高の生徒4人は、保護猫とその支援者が暮らす賃貸物件「シェアねこ賃貸」のDIY(日曜大工)に取り組んでいる。

 保護猫の研究を通じて賃貸の存在を知り、手掛ける不動産会社に連絡して実現した。「命を守る力になりたい」と、休みや放課後を利用して猫に優しい部屋づくりを追求している。

 メンバーは2年の小林優香さん、田口優花さん、大橋夢華さん、沢崎ゆずかさん。

◇      ◇

 記事全文は、9月27日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞