大槌町中心部に25日、バスケットボール3人制の屋外コートがオープンした。「バスケで町おこしを」と東日本大震災後に始動したプロジェクトの一環で町内初の専用コート。幅広い世代が集い、新たなにぎわい創出の場の完成を喜んだ。

 屋外コートは「花道パーク」と名付け、町営野球場に近い同町新町に整備。バスケのハーフコート(縦11メートル、横15メートル)が横に2面並び、早速子どもらがプレーを楽しみ、保護者や関係者らがその姿を見守った。3人制は東京五輪で初採用され、注目度も高まっている。