紫波町佐比内の産直施設紫波ふる里センター(山下研悦組合長)は10月31日まで、話題の人物などを題材にしたかかしを一堂に集めた「かかしまつり」を開いている。

 地元の農家らが作った計83体。米大リーグで活躍する本県出身の菊池雄星投手や大谷翔平選手をはじめ、将棋の藤井聡太三冠、アニメのキャラクターなど個性豊か。来場者は等身大という大谷選手のかかしと背比べをしたり、写真を撮るなど楽しんでいる。