2021.09.25

盛岡藩の娯楽伝える企画展 歴史文化館、打毬や相撲など紹介

盛岡藩ゆかりのスポーツに関する品々が並ぶ会場
盛岡藩ゆかりのスポーツに関する品々が並ぶ会場

 盛岡市内丸のもりおか歴史文化館(畑中美耶子館長)は企画展「盛岡藩のスポーツ」を開催している。江戸時代にさまざまなスポーツで使われた衣装や文献が並び、往時の娯楽の様子を伝える。

 馬に乗り、つえのような道具を用いて球をゴールに導く「打毬(だきゅう)」や相撲など、七つのスポーツを紹介。南部家の華やかな装束や行司職として南部相撲に貢献した長瀬家の相撲うちわを展示する。

 10月18日まで、午前9時~午後7時。入場料は一般300円、高校生200円、小中学生100円。問い合わせは同館(019・681・2100)へ。

◇      ◇

 記事全文は、9月25日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞