2021.09.25

SDGs推進39.6% 21年県内企業・意識調査

SDGsに関する意識調査
SDGsに関する意識調査

 国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)について推進に前向きな県内企業の割合は39・6%で、前年からほぼ倍増したことが帝国データバンクの2021年6月調査で分かった。

 社会的な意義や重要性への理解が徐々に広がる半面、本県の大半を占める小規模企業で取り組みが遅れている傾向にある。社会貢献や企業イメージの向上にもつながるだけに、一層の浸透が課題だ。

◇      ◇

 記事全文は、9月25日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞