2021.09.24

密避け、キャンプ人気 施設快適に、手ぶら可能

車の乗り入れが可能な「ザ・モーテル」のドームハウスサイト。余暇の過ごし方として県内でもさまざまなスタイルのキャンプ熱が高まっている=八幡平市細野
車の乗り入れが可能な「ザ・モーテル」のドームハウスサイト。余暇の過ごし方として県内でもさまざまなスタイルのキャンプ熱が高まっている=八幡平市細野

 キーワードは手ぶらとお一人さま-。新型コロナウイルスの影響が長引く中、県内でも密を避ける余暇の過ごし方としてキャンプ熱が高まりを見せている。車で乗り入れ可能なオートキャンプ場や、建物での宿泊と遜色ない快適性が売りのグランピング施設が相次ぎ開業。1人で楽しむ「ソロキャンプ」も定着し、専門店は用品の売り上げが伸びる。夏場以外もキャンプを楽しむようになり、関係者は「アウトドアの宿泊手段からキャンプそのものが目的化した」と分析する。

◇      ◇

 記事全文は、9月24日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク