ロッテの佐々木朗希投手(大船渡高)は23日、腰に張りがあるために予告先発されていたソフトバンク戦の登板を回避した。井口資仁監督は22日の試合後に張りがあると報告を受け、23日朝の状況でも登板は厳しい状態だったと明らかにした。

 出場選手登録から外すかどうかは24日の状態を見て判断するが「トレーナーの報告ではそこまで悪いとは聞いていない。次回、何とか間に合えば」と説明した。佐々木朗は2年目の今季、8試合に登板して2勝2敗、防御率3・05。