盛岡二高書道部(中村きょう部長、部員7人)は21日、盛岡市八幡町の岩手護国神社で、世界平和と新型コロナウイルス感染症の収束を願う奉納揮毫(きごう)を行った。

 神事の後、部員6人が縦1.5メートル、横3.1メートルの紙に「恒久平和」や「笑顔は世界共通」などのメッセージを力強い筆遣いで書き入れた。