宮古市主催の「森のカフェ2021秋」は19日、同市田代の市野外活動センターで開かれ、地元住民らが自然の中で心身をリフレッシュした。

 ランタンに火がともり、オレンジ色の温かい光が包む会場でコーヒーなどが販売された。市内の高校生らが奏でるピアノの音色に家族連れらが聞き入った。

 森のカフェは、地元の田代おもしろプロジェクト実行委などが企画。会場にハンモックをつるし、木々に囲まれた同センターの機能を生かした。