二戸市石切所の市シビックセンター(冬川昭則所長)は30日まで、同センターで企画展「『写真週報』にみる戦時下」を開き、戦争の悲惨さを訴えている。

 戦時下に発行されたグラフ誌「写真週報」のコピーや軍用ヘルメットのほか、レコード、ミシンなど当時の暮らしぶりも伝える貴重な資料約50点が並ぶ。

 入場無料で午前9時~午後5時。