2021.09.02

県、予約枠5300人拡大 コロナワクチン集団接種

 県議会は1日、総務、文教、環境福祉、商工建設、農林水産の5常任委員会を開いた。環境福祉委員会(神﨑浩之委員長)で、県は新型コロナウイルスワクチンの第2期集団接種の予約枠を5300人分拡大すると説明した。予約がすぐに埋まり、問い合わせが多く寄せられている現状と、接種態勢の見通しが立ったことから拡充を決めた。

 県の集団接種は8月28日~10月17日の土日、滝沢市のアピオと花巻市交流会館で実施している。拡大するのは、団体540人、個人4760人。接種計画は当初比4割増の計1万7850人となる。

◇      ◇

 詳報は、9月2日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞