北上市は3日、新型コロナウイルスワクチンの予約枠を約9千人分拡大する。個別接種の対象医療機関を26カ所増やして利便性を高めたほか、集団接種では重症化しやすいとされる妊婦や配偶者に特別枠を設けて早期の接種につなげる。

 拡大するのは集団接種が4420人分、個別接種が4632人分。個別接種の対象医療機関は、これまでの13機関から39機関に増やし、13日の週から受けられる。現在6カ所ある集団接種会場は10月以降、北上済生会病院(九年橋)と県立中部病院(村崎野)の2カ所に集約する。