2021.09.19

輝く実り ずっしり 矢巾・不動小の児童が稲刈り

真剣な表情で刈り取った稲を束にまとめる不動小児童
真剣な表情で刈り取った稲を束にまとめる不動小児童

 矢巾・不動小(吉岡裕晃校長、児童183人)の5年生34人は17日、矢巾町室岡の同校近くの田んぼでもち米の稲刈りを行い、実りの秋を体感した。

 地元の室岡営農組合が管理する水田約7アールを借り、春に児童自らが田植えした。児童たちは地域住民らの指導の下、豊かに実ったヒメノモチを鎌で収穫。刈り取った稲をひもで束ねる作業にも汗を流した。

関連リンク