盛岡地方気象台は17日、低気圧や前線の影響で18日の県内が警報級の大雨になる恐れがあるとして、県気象情報を出した。台風14号の影響は小さくなったが、土砂災害や浸水被害、強風、高波に注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、18日朝に日本海で前線を伴った低気圧が発生し、発達しながら夕方にかけて東北北部を通過する見込み。台風14号は東日本に進み、夜には温帯低気圧に変わる見通し。進路が南側にそれたことなどで、本県への影響が少なくなった。

 雨は昼すぎまで激しく降る見込みで、予想される1時間降水量は多い所で内陸、沿岸ともに40ミリ。