台風14号は17日に東シナ海から対馬海峡に進んだ後、午後には九州北部など西日本に上陸する見通しとなった。18~19日にかけて西日本から東日本を横断する可能性もあり、気象庁は16日、暴風、高波や高潮、大雨による土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けた。

 盛岡地方気象台によると、県内は台風が最接近する18日、警報級の大雨となる恐れがある。本県は通過しないものの、大気の状態が不安定になる見込み。