2021.09.16

キノコ食中毒 県内今季初 盛岡

毒キノコのクサウラベニタケ(厚生労働省ホームページから)
毒キノコのクサウラベニタケ(厚生労働省ホームページから)

 盛岡市保健所は15日、毒キノコの「クサウラベニタケ」を食べたとみられる3人が、食中毒を発症したと発表した。毒キノコによる食中毒は県内で今季初。同保健所は、確実に判断できないキノコは食べないよう呼び掛けている。

 3人は14日午後1時ごろ、知り合いからもらったキノコを煮物にして食べ、約1時間後に嘔吐(おうと)や下痢、腹痛などの症状が出たことから市内の病院を受診した。現在は全員が快方に向かっている。

◇      ◇

 記事全文は、9月16日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞