2021.09.14

生徒が描く復興の先 高田高と立教大・連携プロジェクト発表会

自ら設定したテーマについて発表する高田高の生徒
自ら設定したテーマについて発表する高田高の生徒

 陸前高田市の地域課題の解決策を探る立教大、高田高(坂本美知治(みちはる)校長、生徒365人)連携プロジェクトの発表会は12日、同市高田町の同校で行われた。

 同プロジェクトは高校生が課題テーマを自由に設定し、大学生からオンラインでアドバイスを受けるもので本年度スタート。市民への聞き取りや文献調査に挑戦した生徒らが関係者に成果を披露した。

◇      ◇

 記事全文は、9月14日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞