紫波町と雫石町で12、13日、クマによるとみられる被害や目撃情報が相次いだ。共にけが人はなく、警察が周辺を警戒している。

 13日午後4時ごろ、紫波町犬吠森字沼端、無職女性(73)方の物置小屋で、梅酒入りのたるが倒れているのを女性が発見。足跡などからクマが荒らしたとみられる。

 紫波署や女性によると、小屋の出入り口に立てかけてある高さ約2メートル、横約1メートルの板戸が倒されていた。数日前には近くの畑でクマの足跡が見つかった。

 12日午後1時35分ごろには、雫石町西安庭の御所湖広域公園で、利用者の男性が木に登る子グマを発見し、盛岡西署に通報した。