陸前高田市小友町でカキ養殖に従事する東京都出身の須田大翔(ひろと)さん(23)が独り立ちに向けて奮闘している。大学時代に参加した水産業就業フェアで親方と出会い、大手旅行会社の就職内定を断って同市に移り住み、昨年4月から養殖の仕事を学んできた。「一人前の生産者になる」と誓い、多くの人に広田湾産の海産物を届けようと意気込む。

 須田さんは大学卒業後の昨春、両替漁港でカキ養殖を手掛ける藤田敦さん(56)の下で仕事を始めた。昨年度はいわて水産アカデミーも受講。今夏に藤田さんから養殖いかだ9台と漁船(4・9トン)を譲り受け、10月に初水揚げを予定する。