横田基地(東京都)を拠点に活動する米国空軍太平洋音楽隊のバンド「ファイナル・アプローチ」のコンサートは11日、陸前高田市高田町の奇跡の一本松ホールで開かれ、市民ら約350人が多彩なパフォーマンスを堪能した。

 第1部は「ワルツ・フォー・デビー」や「A列車で行こう」といったジャズの定番9曲を演奏。サックスやピアノのソロ、シンガーの伸びやかな歌声が観客を魅了した。

 第2部は人気アニメの主題歌「紅蓮華(ぐれんげ)」やロックの名曲10曲を披露。大人から子どもまで、音楽に合わせて軽快に体を揺らした。