2021.09.10

秋田道乗り入れ可能に 西和賀町、10月から天ケ瀬地区を対象

峠山パークランドオアシス館(左奥)に隣接する錦秋湖SAの緊急開口部
峠山パークランドオアシス館(左奥)に隣接する錦秋湖SAの緊急開口部

 西和賀町は10月1日から、長期化している国道107号の一部通行止めを踏まえ、不便を強いられている天ケ瀬地区の住民が秋田道錦秋湖サービスエリア(SA)から高速道上り線に乗り入れられる措置を講じる。

 同地区の住民は北上方面に向かう際、湯田インターチェンジ(IC)への迂回(うかい)を余儀なくされている。措置後は同町本内の峠山パークランドオアシス館に隣接する同SAの緊急開口部から上り線に合流できるようになる。開放は日曜を除く午前6~8時。

◇      ◇

 記事全文は、9月10日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞