2021.08.08

ゲーム作成に挑戦 陸前高田市でプログラミング体験教室

真剣なまなざしでプログラミングに取り組む児童
真剣なまなざしでプログラミングに取り組む児童

 小学生を対象としたプログラミング体験教室(岩手日報社、岩手大主催、キオクシア岩手特別協賛)は7日、陸前高田市高田町の市コミュニティホールで開かれ、子どもたちがプログラミングに親しんだ。

 県内の親子40組が参加。児童はNTTドコモ東北支社が無償貸与した「iPad(アイパッド)」を使い、同社岩手支店の社員の指導でゲーム作成に挑戦。自身のイラストを縦や横に動かし、組み合わせを工夫しながらオリジナルの作品を作り上げた。

 陸前高田・小友小1年の熊谷亜美さんは「自分のキャラクターがイメージ通りに動いて楽しい」と笑みを広げ、母の亜也枝(あやえ)さん(38)は「プログラミングは必修なので、興味を持って前向きに取り組んでほしい」と願った。

 同教室は28日まで、県内6会場で計14回開催。12月に最終審査がある小学生プログラミングコンテスト県大会の出場者も募集している。

 

関連リンク