3連休初日の7日、お盆休みに伴う帰省の動きが県内で本格化した。JR盛岡支社によると、東北新幹線下りの指定席乗車率は同日がピーク。新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、自粛傾向は見られたが、新幹線の利用は昨年を上回った。

 同支社によると、同日の東北新幹線下りの指定席乗車率は35~75%、東京-盛岡駅間の自由席乗車率は20~95%。昨年の帰省が本格化した8月8日と比較しても大幅に増えた。

 盛岡市のJR盛岡駅前のバス乗り場でも7日、盛岡-宮古間を結ぶ県北バスの106急行で、沿岸に帰省する人の姿が見られた。同社によると乗車は平均10人ほどで、平日よりやや多い程度だった。