台風10号は発達しながら日本の南の海上を進み、7日夜から東京五輪が閉幕する8日にかけて東海・関東に接近する見通しだ。太平洋側を中心に強風が吹き、進路や発達の程度次第では警報級の大雨となる恐れがある。気象庁は6日、災害への警戒を呼び掛けた。

 盛岡地方気象台によると、本県には8日に最接近する見込み。進路によっては大雨の恐れもある。

 台風10号は6日午後9時現在、風速15メートル以上の強風域を伴いながら日本の南の海上を東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。