7日は二十四節気の一つ「立秋」。秋の気配が漂い始める頃とされるが、6日の県内は高気圧に覆われて晴れ、36観測地点中5地点で最高気温35度以上の猛暑日となった。

 盛岡は35・0度(平年比5・7度高)を観測。盛岡市手代森の田屋果樹園(田屋富士男園主)では、夏の日差しの下、モモの収穫作業が最盛期を迎えている。

 副園主の田屋祐樹さん(36)が「白鳳(はくほう)」を丁寧に収穫。今年は十分な日照と適度な降雨で糖度が高いという。一般的なモモの糖度は13度前後だが、同園では20度超のものも育つ。祐樹さんは「甘く熟れたモモを食べてもらいたい」と摘み取っていた。