2021.08.07

水本(矢巾出身)ら敗退 東京五輪男子カヌー・スプリント

男子カヤックフォア500メートル準々決勝 惜しくも敗退したものの、力強くこぐ日本の(手前から)水本圭治、松下桃太郎、宮田悠佑、藤嶋大規=海の森水上競技場
男子カヤックフォア500メートル準々決勝 惜しくも敗退したものの、力強くこぐ日本の(手前から)水本圭治、松下桃太郎、宮田悠佑、藤嶋大規=海の森水上競技場

 【東京都で報道部・金野訓子】東京五輪第15日の6日、カヌーのスプリントが東京都江東区の海の森水上競技場で行われ、男子カヤックフォア500メートルで水本圭治(33)=チョープロ、不来方高-大正大=ら4人で挑んだ日本代表は準々決勝で敗退した。

 予選は11艇が2組に分かれて出場。各組上位2艇が準決勝に進む予選1組で6着となり準々決勝に回った日本は、準々決勝でも序盤の出遅れが響いてトップと4秒484差の1分28秒211で7着に終わった。

 五輪初出場を果たした水本は「目指していたところにいけなかったことがとても悔しい。自分が思っている以上に応援メッセージをもらって注目され、他の大会では味わえない良い経験ができた」と話した。

◇      ◇

 東京五輪の結果や詳報は、岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞