2021.08.06

焼石岳(奥州市)=8月5日

猛暑の焼石に咲く花

報告:いわて自然公園特派員 菅原 壮

ハエドクソウ。3ミリほどのとても小さな花です

 前日のものすごい雷雨の影響は山にはなかったようでした。

 猛暑の中、つぶ沼登山口から入山してみましたが、さすがにこの暑さで登山者はいませんでした。

 中沼コースではあまり見られない花が観察できるので行ってみました。

 この時期夏の暑い盛りにも登山道脇などでは色々な花が見られましたが、お目当てのアケボノシュスランの花やミズタマソウは昨年からほとんど見られなくなりました。

 ハエドクソウやヌスビトハギ、ヤマジノホトトギス、タマガワホトトギス、エゾアジサイは花が終わり飾り花が裏返しになっていました。

 ウドの花やリョウブ、ホツツジの花、イヌトウバナ、クルマムグラは実になっていましたが、アケボノシュスランの花は確認できませんでした。

 石沼のトモエソウまで予定していましたが、風もなく大変な暑さで熱中症の危険を感じたので金山沢から下山しました。

ヌスビトハギ。ピンクの小さな花です
クルマムグラの実
クジャクソウ
タマガワホトトギス
ヤマジノホトトギス
イヌトウバナ。これも小さな花です
飾り花が裏返しになったエゾアジサイ
ホツツジ
リョウブ