2021.08.06

県内ホテル 新たな収益模索 コロナ禍、特色生かし取り組み

福田パンを使い多彩なメニューを提供するホテルエース盛岡。県内のホテルはコロナ禍で工夫を凝らす
福田パンを使い多彩なメニューを提供するホテルエース盛岡。県内のホテルはコロナ禍で工夫を凝らす

 新型コロナウイルス禍に悩む県内のホテルが、新たな収益源確保へ動きを強めている。

 地元の人気のパンを使ったランチや、ホテルの味が楽しめる通信販売事業に注力。旅行先で休暇を楽しみながら働くワーケーションへの対応も充実させる。

 宿泊や宴会事業が落ち込む中、各ホテルの特色を生かした取り組みで新たな顧客層の開拓を目指す。

◇      ◇

 記事全文は、8月5日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞