2021.08.05

三陸ジオで人気上昇 大船渡市立博物館、研究や学習の拠点に

三陸ジオパークの魅力発信に意欲を燃やす長沢敏之館長(左)ら
三陸ジオパークの魅力発信に意欲を燃やす長沢敏之館長(左)ら

 大船渡市末崎町の市立博物館(長沢敏之館長)は、三陸ジオパークを学べる施設として人気が高まっている。

 同市は、日本最古級の約5億年前から現在までの地層が同一市内で見られる貴重な場所。新型コロナウイルス感染症予防のため県外への移動が制限される中、研究者のみならず県内児童生徒の学習の拠点としても注目を集めている。

 開館は午前9時~午後4時半。入館料は一般300円、高校生以下無料。問い合わせは同館(0192・29・2161)へ。

◇      ◇

 記事全文は、8月5日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞