2021.08.04

一戸発信「縄文スイーツ」 県北食材事業の第1弾

縄文時代をイメージした縄文スイーツ。世界遺産登録を追い風に県北食材の魅力をPRする
縄文時代をイメージした縄文スイーツ。世界遺産登録を追い風に県北食材の魅力をPRする

 県北広域振興局二戸地域振興センター(滝沢信一所長)はIGRいわて銀河鉄道(浅沼康揮社長)が運営する二戸、盛岡両市の飲食店で県北地域の食材を使ったメニューを提供する。

 9月30日までの第1弾は「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録を記念した「縄文スイーツ」。世界遺産を好機と捉え、御所野遺跡がある一戸町の酪農や乳製品をPRする。

 二戸市石切所のなにゃーと2階「銀河ダイニングへのへの」と盛岡市青山の「びすとろ銀河」で提供。へのへのは410円(テークアウト403円)、びすとろ銀河はソフトクリームがジェラートに変わり、460円(同452円)。

◇      ◇

 記事全文は、8月4日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞