2021.08.04

盛岡大付、鹿島学園(茨城)と初戦 夏の甲子園、12日第4試合

1回戦で対戦が決まり、意気込みを語る盛岡大付の田屋瑛人主将(右)と鹿島学園の甲斐峻介主将
1回戦で対戦が決まり、意気込みを語る盛岡大付の田屋瑛人主将(右)と鹿島学園の甲斐峻介主将

 2年ぶりに開催される第103回全国高校野球選手権大会(9日開幕・甲子園)の組み合わせが3日決まり、本県代表の盛岡大付(2017年以来11度目)は鹿島学園(茨城、初出場)と第4日(12日)の第4試合(午後3時半開始)で激突する。

 盛岡大付の田屋瑛人主将(3年)は「好投手がいると聞いているが、粘り強い打撃ができればいい」と気合を入れ、一戦必勝で悲願の日本一を目指す。

◇      ◇

 詳報は、8月4日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞