2021.08.31

焼石連峰・南本内岳(奥州市)=8月27、29日7時~

草紅葉始まる!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

草紅葉始まる9合目焼石神社一帯です!

 ぼちぼち草紅葉が始まっている時期かなとの思いもあり、アケボノシュスラン、ハクサントリカブト、赤いサラシナショウブなどを見たくて入ってみました。

 曇り空で風があるという予報を選んで入山しました。両日共に、とても歩きやすくて助かりました。午後になって雲の流れがあるものの、青空が望まれるなど、恵まれた日帰り登山日和となりました。

 南本内岳のお花畑は、既に草紅葉が始まっていました。キンコウカはほぼ終盤でした。

 焼石沼周辺では、ハンゴンソウの黄色の塊、ハクサントリカブトの直立する青色、ウゴアザミの赤い塊、サラシナショウマやヤマハハコの白い塊が見られ、初秋の彩りを感じることができました。

 焼石神社周辺は、草紅葉の色合いが進んでいてびっくりしました。

 南本内手前の無名沼周辺では、キンコウカ、モウセンゴケ、ミズギクなどは紅葉に染まっていました。わずかにイワショウブが白い部分を残していましたが、花後の赤色がきれいでした!さらに、ハクサンフウロやエゾオヤマリンドウが沼を飾っているように咲いていました。

 本日は64種類もの花々を確認することができました。また、タケシマランの赤い実生、青い色のツバメオモトやハヤチネフキバッタの産卵など、世代間の移行を見ることができました。

南本内岳の草紅葉始まる!
タチギボウシ。適期を迎えています!
焼石沼に咲くサラシナショウマ!
明け方の空色を名にアケボノシュスラン。すてきですね!
ハクサンフウロ群れて咲く!
三界山を背景に秋の花達の競演!
サラシナショウマのがくが赤いです!
ウメバチソウ。仮雄しべがきれいです!
朝も帰路も道路を横切る熊さんでした!