2021.08.31

夜の街 ひっそり 盛岡、時短要請スタート

県が要請した時短営業期間が始まり、閑散とする盛岡市の大通商店街=30日午後8時20分
県が要請した時短営業期間が始まり、閑散とする盛岡市の大通商店街=30日午後8時20分

 新型コロナウイルスの感染急拡大を踏まえ、県が盛岡市内の飲食店と喫茶店に要請する時短営業期間が30日始まった。

 飲食業だけが対象となり、不公平感が指摘される中で迎えた初日。多くの店は要請に応じ、繁華街から人けが遠のいた。一部では営業を続ける店もあり、関係者からは「ギリギリの状況」と切実な声が上がった。

 時短営業の終了時間に設定された午後8時を過ぎた同市大通。コロナ禍とはいえ、本来なら酔客が多い時間帯だが、沿道の店舗は次々と店じまいを始めた。

◇      ◇

 記事全文は、8月31日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞