2021.08.30

コロナ感染拡大、デルタ株や夏休み影響 盛岡市保健所まとめ

 
 

 盛岡市保健所(矢野亮佑所長)は市内の新型コロナウイルスの感染動向をまとめた。

 市内第3波(3~6月)と第4波(7月1日~8月22日時点)のデータを比較すると、デルタ株の広がりや夏休みの季節的な行動が拡大につながったとみられる。

 感染の直接的きっかけとしては、第3波で最多の40%を占めた「会食」は22%に減少したが、依然高い。

◇      ◇

 記事全文は、8月30日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞