2021.08.30

岩泉町 教訓胸に前へ 台風10号豪雨5年

流域治水プログラムの一環で砂防ダムの整備状況を学ぶ小川中の生徒たち
流域治水プログラムの一環で砂防ダムの整備状況を学ぶ小川中の生徒たち

 2016年台風10号豪雨から5年を迎えた岩泉町。関連死を含め26人(うち町外1人)が犠牲になるなど甚大な被害が出たが、復興へと歩み続けてきた。

 氾濫した河川の改良復旧事業が進み、災害公営住宅63戸、移転地26区画も整備済み。生活橋を含む町の災害復旧工事は本年度で完了する見通しだ。

 度重なる災害や新型コロナウイルス禍という逆風に立ち向かう住民の姿、命を守る取り組みに注力する岩泉の今を伝える。

◇      ◇

 詳報は、8月30日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞