宮古市臨港通のシートピアなあどで28日、西和賀町の道の駅錦秋湖との物販交流イベントが開かれた。国道通行止めの影響で営業休止中の同駅を応援しようと企画し、宮古市民らが西和賀の味を楽しんだ。

 西わらびの水煮やわらび餅、湯田牛乳のソフトクリームや湯田ダムカレーパンなどが販売され、訪れた客が次々に買い求めた。

 北上市と西和賀町を結ぶ国道107号は崖崩れの恐れがあるとして一部区間の通行止めが続いており、道の駅錦秋湖も営業休止を余儀なくされている。