27日朝、岩泉町上有芸字向平、養豚会社役員男性(68)方のヒツジ1匹がクマに襲われ死んでいるのが見つかった。男性は2日前にも同様の被害を受けたばかり。町がわなを設置するなど警戒を強めた。

 男性によると午前6時20分ごろ、自宅から東に約30メートルの柵に囲われた敷地内で鎖につないで飼っていたヒツジの様子を確認しようとしたところ、近くに成獣とみられるクマ1頭がおり岩泉署に通報した。

 その後、茂みで鎖につながれたまま引きずられ、倒れているヒツジを発見した。付近の柵の一部がなぎ倒されており、そこから侵入したとみられる。