ロッテの佐々木朗希(大船渡高)が28日の楽天戦で、プロ2年目で初めて出身の東北で1軍戦に登板する。27日は幼少時に観戦に訪れた楽天生命パーク宮城でキャッチボールやランニングで調整した。プロ初勝利を挙げた5月27日以来の2勝目を狙い「いい投球をしている姿を届けられるように頑張りたい」と意気込んだ。

 陸前高田市出身で、所属していた少年野球チームのメンバーらと何度も足を運び、憧れの田中将のユニホームやたくさんのグッズを買ったという。パ・リーグの敵地での初登板が思い出の球場となった。チームとしても2位を争う楽天との大事な試合で「なるべく無失点で長いイニングを投げていけば、勝つ確率は上がると思う」と静かに闘志を燃やした。