2021.08.22

パラ合宿、温かい歓迎に感謝 紫波町でカナダ代表チーム

紫波町で練習に励むシッティングバレーボールカナダ女子チーム
紫波町で練習に励むシッティングバレーボールカナダ女子チーム

 東京パラリンピックのシッティングバレーボールカナダ女子チームは紫波町で、事前合宿を行い、最終調整を進めている。大会は24日開幕。ホストタウンの充実した練習環境と、住民からの応援を力に本番へ挑む。

 セッターのジェニファー・オークス選手(23)は、歓迎のぼり旗や地元住民について「温かくて優しい」と好印象。ダニエル・エリス主将(29)は「久しぶりに他国と対戦するのが楽しみ」と興奮した様子で、ニコール・バン監督(34)は「素晴らしい環境に感激。通り掛かる人が手を振ってくれ、ガラス越しでも歓迎の雰囲気が伝わる」と感謝した。

◇      ◇

 記事全文は、8月22日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞