2021.08.22

三ツ石山周辺(八幡平市)=8月20日8時~

秋を探して!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

三ツ石山、わずかずつ進む秋の彩り

 秋を探し、この時季に入山するのは初めてです。どのような動植物に出合えるのでしょう。期待感いっぱいです。8時、ゲート前には数台の車が駐車されていました。

 三ツ石登山口までの奥産道、道路脇には多くの高山植物やチョウたちが舞っています。楽しみな区間でもあります。

 この日は、クロバナヒキオコシ、ナンブアザミ、イケマ、ハナイカリ、ボタンヅルやクサボタンなどなど。それに、クジャクチョウやアサギマダラ、ヒョウモンチョウなどが見られました。

 三ツ石湿原では、エゾオヤマリンドウ、ミズギク、サワギキョウ、ウメバチソウ、シロバナトウウチソウが迎えてくれました。秋の花に加え、草紅葉が始まっていました。

 湿原から先は、三ツ石山頂~三ツ沼~覘標の台を往復してきました。稜線部の木々は緑色からわずかに黄色が、にじみ出てきたような感じを受けました。

 稜線部の登山道脇では、ツツジ科の植物の中で実生を付けます、アカモノ、シラタマノキ、コケモモ、クロウスゴ、アクシバの実生が見られ、また、エゾオヤマリンドウ、ミヤマリンドウとホソバイワベンケイの秋を彩る花々、草紅葉でも、秋の走りを感じることができました。

 クジャクチョウが例年に増して多く、キベリタテハなど、そして、ハヤチネフキバッタが恋の季節を迎えて活発に活動する姿が見られました。

 帰路は、ぬかるむ登山道に注意を払いながら奥産道まで出ると、ヨツバヒヨドリに群がるアサギマダラなどなど、チョウの乱舞に優雅な一時を過ごさせてもらいました。感謝です。

三ツ石山頂で楽しまれる登山者たち
三ツ沼方向より三ツ石山頂(レオ像)望む
久しぶりの対面のサワギキョウ
ヨツバヒヨドリの蜜を求めるアサギマダラ
変種のクジャクチョウ発見
白さが目立ってきましたシラタマノキの実
ミヤマリンドウ仲良く並んで!
ホソバイワベンケイ紅葉始まっています
恋の季節に入ったハヤチネフキバッタ