2021.08.22

新幹線高架橋からコンクリ片が落下 一ノ関駅付近駐車場に

コンクリート片が落下したJR一ノ関駅付近の東北新幹線高架橋防音壁=21日、一関市深町
コンクリート片が落下したJR一ノ関駅付近の東北新幹線高架橋防音壁=21日、一関市深町

 JR盛岡支社は21日、一ノ関駅(一関市)付近の東北新幹線高架下駐車場で、落下したコンクリート片が見つかったと発表した。けが人はなく、新幹線の運行に影響はない。

 調査では、コンクリート片は高架橋防音壁外側の縦60センチ、横40センチ、深さ最大5センチの範囲から約14メートル下の駐車場に落下。壁内部の鉄筋が腐食し膨張したことが原因とみられる。

◇      ◇

 記事全文は、8月22日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞