北上市村崎野の主婦菅原真知子さん(68)は自宅敷地に、自作した陶芸作品を展示販売する「ma-ma(マーマ)工房」をオープンした。手仕事の温かみを地域に届け、自身の創作意欲につなげている。

 工房はアトリエ兼店舗で、新築した木造平屋のワンルーム(約10平方メートル)に開設した。マグカップや小皿、箸置き、調味料入れなど約200点が並び、価格は900~5千円。

 午前9時~午後5時。不定休。工房に入る際は菅原さん方に申し出る。問い合わせは菅原さん(090・2609・3339)へ。