花巻市の藤原忠雅副市長(64)は18日、臨時記者会見を開き、県独自の緊急事態宣言で不要不急の外出自粛などが要請されていた盆期間中、子や孫ら家族12人と市内飲食店で会食していたことを明らかにした。上田東一市長は、厳重注意し自身を含む減給処分も検討している。

 市によると、13日午後5時半から1時間半ほど、いずれも県内で市内外に住む家族とアルコールを伴う会食をした。換気設備のある座敷で、会話時にはマスクをしていたという。匿名の通報で発覚した。