2021.08.18

一関市議会がNEC跡地取得案再否決 月末期限、道筋見通せず

 一関市議会(槻山隆議長、定数30、欠員1)は17日、9月会議本会議で、市が再提案した同市のNECプラットフォームズ一関事業所跡地の取得関連議案を反対多数で否決した。

 6月会議での否決を受け、市は工場を国際リニアコライダー(ILC)の関連施設として使う具体案を示したが、多くの議員が「全体の活用策が不明確」として反対姿勢を変えなかった。同社との意向確認書の期限が今月末に迫り、取得の道筋は見通せなくなった。

◇      ◇

 記事全文は、8月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞