2021.08.18

伝えたい感謝の心 全国中総文祭岩手大会あす開幕

震災への思いを巡らせ、合唱練習に励む宮古・一の生徒
震災への思いを巡らせ、合唱練習に励む宮古・一の生徒

 第21回全国中学校総合文化祭岩手大会(全国中学校文化連盟、県中学校文化連盟主催)は19、20の両日、盛岡市内丸の県民会館で開かれる。

 東日本大震災が発生した2011年以来10年ぶり2回目の本県開催で「イーハトーヴに吹く文化の風~岩手の『感謝』を全国へ~」がテーマ。舞台発表は本県を含む13都道県の34校、約千人が参加し、展示発表は16都道県の約1200人が出品する。

 新型コロナウイルスの感染対策を講じながら文化芸術活動を通じて交流を深め、本県の中学生は全国からの復興支援への感謝を舞台と作品で表現する。

◇      ◇

 詳報は、8月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞