県内各地の公立小学校で17日、2学期が始まった。陸前高田市の気仙小(佐藤健校長、児童54人)では、子どもたちが元気いっぱいに登校し、夏休みの工作を見せ合った。

 始業式を体育館で行い、児童は距離を取って整列。児童代表の小泉蒼生(あおい)君(5年)は「児童会執行部として楽しく学校生活を送れるよう盛り上げたい」と誓った。

 県教委によると、始業式のピークは18日で小学校123校、中学校49校が予定する。