盛岡市新庄の市動物公園(辻本恒徳園長)は16日、野生のツキノワグマが園内に侵入していたことが分かったため、安全が確認されるまで当面の間、臨時休業すると発表した。園内のカメラに歩く様子が写っていた。同園は「今の時季は山に食べ物が少なく活動範囲が広がる傾向にある」といい、思わぬ珍客に振り回された格好だ。

 同園によると、正面入り口に近いサル山の裏付近に仕掛けていたカメラの映像を15日に確認したところ、10日未明に体長約1.2メートルの成獣のクマ1頭が歩く様子が写っていた。